<   2004年 10月 ( 23 )   > この月の画像一覧

「配置の義務」の本質はナニなのよ・・・。

b0031524_8135472.jpg

この間、「警備員のおっちゃん、すまんかった。」って書きましたが・・・。

今回のはヒドイ。

仕事の帰り道ですよ。工事現場通ったんです。
自転車でスラ~っと走っているとイキナリ目の前に警棒が。

脇から「スッ」っと目線の高さにですよ。
まあ、要は顔面に直撃しそうになった訳ですわ。
そりゃあ、反射的に避けますよね。
で、当然自転車も急に止まれないと。

んで、その顔面警棒警備員をなんとかパスすると・・・。
次の警備員が、「入って来ちゃあダメだろうっ!」とか言ってんの。

「エェ!?」

・・・何で入っちゃダメだったかと言うと、クレーンで何か吊ってたからなんですが、私の進路には全然入っていない場所なんですよねー。
ま、安全上、ダメだったにしても、しょっぱなの警備員が止め損ねて、現地で「ダメだろうっ」って言われても・・・。最初の人、言ってよ。

もう、とにかくその連係のダメっぷりと言ったら、凄まじいコト・・・。
むしろ、いない方がマシ。

「怒り」よりも「呆れ」ですね。お気の毒。
しばらく通りません。そこ。
[PR]
by xida | 2004-10-29 08:16 | 自転車

勇み足、寒ぃ~。

ズガジャッジャッジャッジャ~ン♪(古っ!)

寒いなぁ。もう手が、かじかみますコトですヨ。

「そっか、もう10月も終わりなんですなぁ・・・」と、通勤していると・・・。
b0031524_8162072.jpg
これの看板が。
花園神社の酉の市。
まあ、有名なんで今さら説明の必要もないとは思うのですが、行ったことある人は意外と少ないのでは?
今年は11月2・14・26日だそうで、前日が前夜祭になる・・・のかな?

飲めますぜ。寒空の下、熱燗をキュ~っと。
出店もびっしり。良いですよ、活気があって。

夜中から朝方までずーっとやってます。
朝方になると、ホストの皆さんが物凄くデカイ熊手を持って闊歩してきたりします。
いくらするんだろうな~?なんて野暮な想像をしながら眺めるのも、また良し。

b0031524_8153892.jpg

あと、今年は来るかどうかわかりませんが、「見世物小屋」があります。
一昨年だったかな?月蝕歌劇団とかいう所がやってたんですよ。
猫みたいな和風メイクしてセーラー服来たおねいさん達が、踊りながら「ろうそく」の火を口の中にいれて、頬から火の光が透けて「あんどん」みたいになる舞台もありましたね・・・。
んで、ちょっと失敗して「熱っ!」みたいな感じで涙目になっちゃって、ロウがダラダラ~って。



「もー!、何ショーなのよっ!?これっ!」



・・・と、 大ハッスルs 困った顔をしながら、「もっかい観る?観るべ!?」とかツレとアイコンタクト(ガチ)。


だけど、去年は変わっちゃって、日本に2つだとか1つだとかしか残っていない「見世物小屋」が本職な人達がやっていました。

コチラは・・・・・・

「体が繋がっちゃってる赤ん坊のホルマリン漬け」
「カッパのミイラ」
「大蛇」
「びんぼっちゃまの格好して鎖を鼻から口に出す人」
「蛇食う婆さん」

・・・・・・・・・そんな感じでしたか。確か¥500。

何ていうか、ホルマリンのヤツなんて倫理的にどうなのよ?とか、子供に見せて良いのかよ?っていうネタが多いのは認識できます。
けど、何か庶民的な力というか、ノスタルジーになるのかな?・・・これはこの先も残しておいて欲しいなぁ、と思う催し物です。

インターネットでグロい奴なんか、なんぼでも見てるでしょ?今の子供。
こういうのの方が健全だし、子供のころの怖いもの見たさっていう感覚は大切な気もします。

まあ、時間の合う人は行ってみられては?
ちなみに「たこ焼き」は、靖国通り沿いの花園神社入り口の向かって右側の一番近い店が美味(去年と同じなら)。
お試しあれー。

※写真は去年の様子ですヨ。
[PR]
by xida | 2004-10-28 08:18 | 雑感

かの地へ。

b0031524_2385336.jpg自転車学でした。
今回は、「輪行(ツーリング)」についてだったのですが・・・・・・。
さすがだなぁ、疋田さん。

おかげさまで、すっかり旅モードですよ(笑)・・・。

今週末、同窓会みたいなので福島に一泊旅行なんですが、輪行決定。

・・・ええと、この写真は私が学生時代に福島で乗っていたクルマで、林道でスタックしてにっちもさっちもいかなくなった時のもの。
何やってたんだか・・・。
(※この不鮮明な写真で車種が分かる方、通ですね~。)

まあ、このように馬鹿やってた場所に行く訳です。
実に7年ぶり。

取り壊されたという噂の、私が初めて一人暮らしをしたアパート(既に跡地?)も見て来なければならないし、バイトしてたレストラン(こちらも潰れたとの噂)にも行かなきゃあ・・・。
あ、あと、よく行った定食屋でメシ。
んで、18:30集合で飲み会。

とにかく早い時刻に福島入りしたいなー。

高速バスで行くか、鈍行列車で行くか・・・ううむ、乗車時間は大して変わらない・・・。

はっ。

始発の到着時刻が全然違う!

バス 10:30到着
鈍行 8:30到着


こ、この2時間差はデカイ・・・。

鈍行・・・だな、多分。

帰りは・・・茨城の中間あたりまで誰かに車乗っけてもらって輪行でいっか。
---------------------------------------------------

と、一人で盛り上がっていたら、また地震。
困ったなぁ・・・。自宅待機にしておくか、行くか・・・。
いざとなったら、福島からの方が実家へは行き易いんだよなぁ。
どうしよう・・・。
---------------------------------------------------

<追伸>

自転車学のteikyuhbiさん、そろそろHPなりブログなり始められては?
もう、オモシロ過ぎです、お話が。
私は毎日の巡回コースに入れますよぉ。絶対。
身分隠してやっちゃえば良いんですから~(笑)。
[PR]
by xida | 2004-10-27 07:13 | 自転車

地震・雷・火事・親父の正当性

別にふざけたタイトルではありません。
やっぱり昔っから、地震というのは恐怖の最上級でありまして、まだ続く余震には東京にいながらも恐怖を感じてしまいます。
b0031524_214532100.jpg
※昨年の夏撮影。新潟県中越地方某所(わかる人は地元民か、かなりの通)。

今日、親父と電話で話しました。以下、新潟弁発音そのまま(笑)。

xida 「大丈夫らったかね?」

親父 「おお、もう大変らったぃや。新潟地震が3回来たようなもんらったっけなぁ。」
親父 「せっかく土壁直したのにやぁ、ヒビ入ってらんだっけ、もうやんなっちまったてー。」

xida 「そらかね。まあ、みんな無事らったっけさ、いーこてね。」

親父 「まあ、そうらろもや。どうせ今度は大雪らぃや・・・。」

xida 「・・・・・・。」


さすがに親父も、7月の水害からやっと立ち直った所への地震はこたえているようです。
冗談半分にしても、「もう何でも来いや」と自暴自棄気味・・・。

勿論、死者が何人も出ている小千谷近辺の人に比べれば、ライフラインも無事ですし、「良い方」ではあるのですが・・・。

---------------------------------------------------
あ、報道ステーション始まった・・・。古館さん、小千谷行ったのね・・・。
これ、何か意味あるのかなあ?小千谷からの生中継。
「一般車の新潟県への乗り入れは避けてください」って、行政は案内出してなかったかな?
またいつ大きな余震が来るかも、って気象庁も発表してるでしょー。

こういうのって、しらけるんですよね。

今晩どこ泊まるの?
体育館で寝るの?
食料不足してるのはご存知ですか?

私でそうだから、被災者の中にもそう思う人はいると思いますよ。
報道の使命については、新潟には大手民放の系列局はすべてありますから、足りているはず。

・・・まあ、文句言っても仕方がないんですけど、ううむ・・・・納得できず。
[PR]
by xida | 2004-10-25 22:30 | 雑感

今度は地震ですか・・・。

一応、説明を・・・。

私、xidaの実家は新潟県三条市という所で、現在も両親・祖母が住んでおります。
今年の7月に水害で、自宅の1階部分が水没。それはもう大変だったのです。
<説明おわり>


b0031524_0512646.jpg
今日は若洲堤防で、釣りをしておりました。
暗くなった頃でしたか・・・地震が。
ちょうど堤防のコンクリに寄り掛かって座ってたんですが、「おぉ、結構ゆれるねぇ~。津波は大丈夫なん?」とか、呑気なこと言っちょりました。
その5分後位に妹から電話が。


「今、どこにいるん?」

「海」

「ハァ? 新潟で地震、大変だから。」

「ハァ???」

・・・・・・こんな感じでした。

んで、よくよく聞いてみると、これは大変だと。
今日は釣った魚を、一之江の友人宅で料理して一杯やる予定だったのですが、キャンセルして帰宅。

何とか家族とは連絡がとれ、全員の無事を確認。
しかし、結構な揺れだったようで、しかもまだ余震が続いているとのこと・・・。
恐ろしい・・・・・・。

とりあえず、日曜は自宅待機決定。しかたなし。

ちなみに実家は例の水害で「土壁」が崩れてしまい、そのままになっていたのですが、先々週、やっと左官屋さんに直してもらったそうです。
それが・・・・・・今回の地震で、亀裂入っちゃったそうです・・・

もう色々がっかり。

けど、無事で何より。

メールや電話下さった方々、ありがとうございました。とりあえず大丈夫だそうです。
[PR]
by xida | 2004-10-24 01:22 | 雑感

弱者とはナニか?

今日は、飲みの誘いも断って帰宅。
・・・家でワイン飲むから。

で、今日の帰り道。
私の通勤経路にはトラックの出入りが激しい施設がありまして、そのトラック出入り口にはいっつも警備員のおっちゃんがいます。
大体、私はこの警備員がいっつもジャマでして、あの赤く光ってる警棒を、何だか振ってるんですけど、「行け」って言ってんのか「待て」って言ってんのか、さっぱりわからない

今日もせっかくスピードにのって走って来たのに、トラック出るからって止められて・・・。
同じスピードのクルマだったら、絶対先に行かせるくせに、自転車だからって止めてんです。
そんで、クルマが行った後も、どっちによけるのかはっきりしなくて、私が右から抜けようとすれば右に、左に抜けようとすれば左にと、オロオロ・・・。
こっちもイライラして、舌打ちくらいしてたかも・・・。

で、その時ですよ。その時。
一部始終を見ていた対向車線から来て右折しようとしてたトラックの運ちゃんが、「何だこのやろ~」とか怒鳴ってるんですよ。

「っんだと?コラァ!!」って後ろ振り返りましたよ。止まりはしないケド・・・(小心)。

-------------------------------------------------

もう、チクショーって「プリプリ」しながら帰りましたよ。




で、結論。 「おっちゃん、すまんかった。」

・・・・・・いやあ、私が悪いっすね。
警備員のおっちゃんが、右に左にオロオロよけようとしてる時の顔。
そして絶対に合わせようとしなかった目。

傍から見ていたトラック運ちゃんも言わずにいられなかったのでしょう。

猛省。

自転車は、車道で一番の弱者だというオゴリ・・・・・・だったんだと思う・・・。
自転車が好きで、少なくともマナーは良い方のつもりでいた・・・。

明日はまた若洲堤防で釣り。
もう一度、走り方を確認する一日にしようと思う。
[PR]
by xida | 2004-10-22 23:36 | 自転車

バイクの2ケツ。

b0031524_1835183.jpg


「 い や ぁ っ ほ ぉ う っ ! ! ! 」


って、やってる風に見えません?ウイリー中。

さて、正しくは45度時計回りに回してやりゃあ良いんですが、これは「2人乗り禁止」。
高速道路でバイク2人乗りが解禁になるそうですが、一部禁止区間もあるようで、この標識登場と・・・。

しかし、この2人乗り解禁、どうなんでしょう?
この間も、Nebulaさんと甲府盆地を眺めながら話題にあがりました。

もう、私なんかが気になって仕方がないのが、「後ろの人、寝たらどうなんの?」ってコト。
私、自動二輪の免許がないんで、2ケツってしたことがないんですよ。
後ろに乗ったこともない。

もう高速道路の2ケツなんて、単調で、タバコも吸えなくて、ジュースも飲めなくて、話もできなくて、前も見えないんでしょ?・・・・・・、寝るしかやることないんじゃない?特に夜。
んで、ちょこっとバランス崩したら何メートルも進路がずれちゃうんでしょ?転倒?衝突?
・・・・・・恐ろしすぎる。

そのへん、バイク経験ありのNebulaさんに聞いてみると、

「後ろの人寝たら? 落ちるに決まってるじゃないですか。 即、落ちますよ(きっぱり)。」

と、淡白なお答え。ごもっとも。

くれぐれも僕の運転する車の前で落下or転倒しないで欲しいなぁ・・・切に。
もう本決まりなんだろうなー。やめたら良いのに・・・。
[PR]
by xida | 2004-10-21 18:54 | 雑感

ト・トカゲめぇ・・・っ。

また台風ですわ。

「もう今日は電車が止まらないうちに帰りましょー」
と、いうことで雨脚もそんなに強くないうちに、同僚と一緒に会社を出ます・・・。

すると、焼肉屋の看板─────> 「 生 中 ¥ 1 9 0 」 。

「ううむ、発泡酒よりも安いぞ。」
「ま、台風通過は24:00位らしいしな、ちょっとだけ・・・行くぅ?」
「行く行く~!」

・・・・と、日曜昼のTV番組のような成り行きで、夕飯は焼肉に。




・・・・・・そして、2時間後。
b0031524_2220128.jpg
もうザーザー。

「・・・・・・ま、こういうオチだよね。」
駅から家の10分間で、ビショビショ。

帰ってから発泡酒にしとくんだったぁぁー!!

覆水盆に返らず It's no use crying over spilt milk.

・・・習ったのは、中学だったっけか・・・。

追伸
あの山梨紀行から、すっかりワインに「フォーリン・ラヴ」でございます。
「安いワリに美味い」常用ワインを求めて酒屋めぐり中です。
責任とってください、Nebulaさん・・・・(笑)。
[PR]
by xida | 2004-10-20 22:59 | 雑感

天高く、ダイエットにならない山梨ツーリング

Nebulaさんのレポートを見られていない方は、見てからの方が良いと思います。
Nebulaさんのしっかりとした山梨旅行記

いやあ、今回は長いっすよ。
しかもNebulaさんのレポートをパクってる所もあったり・・・。
お時間のある時にどーぞ。
----------------------------------------------------------------------


そう、金曜の夜。
私は新宿の韓国料理屋で一杯やりながら、チヂミや何か辛い炒め物を食っていたのでした・・・。
そして・・・その後、Nebulaさんのブログを読んだのです。
そう、全てはここから始まったのです・・・。
********************************************
コメント
明日は晴れ・・・山梨に行こうと呟いて見る(^^;
投稿者: Nebula (October 15, 2004 06:46 PM)

いやいや、ホントやっと晴れですね。
天高く~、と行きたい所ですねぇ・・・。
投稿者: xida (October 15, 2004 10:31 PM)

では、明日あたり山梨にでもどうどすか?
中央本線でのんびり行こうかな・・・と。
車だと大渋滞必至なので(^^;
投稿者: Nebula (October 15, 2004 10:33 PM)

おっ。良いかも・・・。
何時頃出ます?
投稿者: xida (October 15, 2004 10:41 PM)

今調べると、午前9時ごろに勝沼ぶどう郷に到着っつーのが
いいのかなあ・・・と思ったりしているのですが・・・
以下メールにて(^^;
投稿者: Nebula (October 15, 2004 10:45 PM)

そうですよね・・・。
コメントでやる会話じゃないな・・・。
ではでは、メールで。
投稿者: xida (October 15, 2004 10:49 PM)

********************************************


b0031524_04034.jpgと、話していた6時間後、中野駅に向けてMC-1で出発なのです!
いざ、勝沼っ!!
飲む気 やる気満々。


b0031524_064763.jpg「チャラ~ラ~ラ~ララ~」
「今日は豊田から勝沼ぶどう郷を目指します」って、もう石丸謙二郎っ!!
(※世界の車窓からのコト言ってます)

中央線ですねー。
山の中にこのようなものが・・・。
う~ん、福島にいた頃、「酒は大七」っていう看板がこれまた山肌に沢山あって、その真横で大きさ比較の写真を撮るっていうのが夢だったんだけど、叶ってないなぁ・・・。
しかし、一体どんな意味が・・・。


b0031524_0144625.jpg旅ムードだよなぁ・・・。
中野からわずか1時間で、これ。
東京という都市を狭いと見るか、広いと見るか・・・。
自転車なら、ここまでで一日仕事だな。
まあ、それはそれで素晴らしいことなんだけれど、現実はキビシイ。
だから輪行。遊びで乗る電車は結構好きなんですけどねー。

b0031524_0184281.jpg
「勝沼ぶどう郷駅」 到着~!!
Nebulaさんは既に到着していました。
「いやあ、おはようございます」と、挨拶もそこそこに自転車を組みたてて・・・。
Nebulaさん曰く、「ええと、まずこの向こう側の丘まで行って、ワインのテイスティングやります」とのこと。
「フゥ」・・・来たよ。あの坂の向こうにあるという桃源郷を目指してMC-1を駆るのかっ。
己の足で辿り着き、勝利の美酒に酔いしれるのだ。うへへぇぇぇ・・・。
───いかん。変なモノが脳内で分泌されてきた・・・。

b0031524_7204198.jpg
その向こう側の丘にて。

色々なことがありました・・・。

ええ、今は良い思い出ですよ。ちょっと坂下って、上っただけですから。
吐き気?ええ勿論。当たり前じゃないですか。坂っていうのはそういうものですよ。

「感動した!MC-1であの坂よく上った!」・・・とは誰も言ってくれない程度の坂だったんですが、気張りすぎでしたね、完全に。
もっとゆっくり上りゃあ良かったんです。「若気の至り」ってヤツですよ(年齢オーバーとか言わないように)。

上りきればこの景色。現在9:20。
テイスティングのコーナーは10:00開場とのことなんで、あっという間にヘタレてしまった足を休めつつ、しばし歓談・・・。

b0031524_721012.jpg
Nebulaさん曰く、「この景色の左側に石和(いさわ)って町があるでしょう。変わった名前でしょ?何でかって言うとねぇ・・・・<説明中>・・・・と、言われているんだよ。」
「素敵っっっ!!」

・・・・・と、野郎二人で語り合っていると、もう10:00。
いざ行かん。桃源郷へ~(いや、ここ「ぶどう郷」ですから・・・)。


b0031524_7213493.jpgすげい。すげいよ、ここ。
桃源郷だ・・・。
(いや、だから「ぶどう郷」)

b0031524_7214755.jpg¥1,100払うと、左っ側にあるみたいな「タートヴァン」というテイスティング用の器をくれます。
これを首からぶら下げてそれぞれのワインを注いで、ボコボコの底に光を反射させて色合いとかを見ながらテイスティングするという・・・。
もう気分は上々、血中アルコール濃度も上昇。
ちなみにこのワインは、今回100本近くテイスティングした中で私の選んだ「買い」の一本。
(重いんで結局買わなかったけど・・・悲)


そいで、ふらふら~っと表へ歩いて行くと・・・(さすがに自転車には乗りません)。
駐車場のとなりの道路沿いに、「ほうとう・味噌汁・土産」みたいなノボリが。
「どれどれ~」ともう二次会ムード・・・。
売店のおっちゃんも心得たもんで、「お、兄ちゃんたち。もう一杯やってきたのかい?」なんて呼びこみで、山菜やらキノコやら試食をどんどん出しながら、「酒のツマミに良いだろう~?」なんて土産物のプレゼンに入ります。
それがまた、どれもこれも美味い。
まあ、ひとまず酔い覚ましもかねて、「キノコ汁」でも飲みましょうやということに。


b0031524_722074.jpg
うめぇ・・・。
シャレにならん。
激ウマイ!!!
田舎に帰省したみたい・・・。
ネギなんか絶対朝摘みだよ・・・シアワセ。

「こ、こらぁ当たりですぜ、Nebulaさんっ!」
「ほうとうも食いやすか?」・・・・・・・・満場一致で可決(二名)。

b0031524_7221258.jpg初めて「ほうとう」というものを食べました。
うどんと何が違うのか説明できません・・・。

しかーしっ!こ、これも「うまひー!!」
もう、うどんだとかほうとうだとか、そんな区別はどうでも良いんです。
良がった、来で良がった・・・・・。

青木ヶ原樹海へ自殺に行く諸兄!まずここへ行って、味噌汁を飲め。ワインも飲め。ほうとうも食え。そして地元の人と触れ合え。それから樹海に入っても遅くないっ。


さーて、さんざん休んだし、そろそろ次行きますかーっ。
時間は12:00。ちょっと早い昼食でしたかね。

b0031524_7222697.jpgしかしまあ、勝沼ってのは本当にブドウだらけな訳で。
民家の多くの玄関先がブドウ棚(?)になっていて、そこかしこにブドウがあります。
ほとんど収穫された後でしたけれども、残っているものもちらほら・・・。
色も、濃い青・赤紫・緑とまあ・・・
ほら、こんなに大きな粒のものまで。
すごいなぁ。それぞれ別々に生ってるぞ。
ほら、見てごらんよ・・・。

・・・・って、どう見てもキウイやん!!!
こんな風に生るんですね。知らんかったです。

<寸劇おわり>


ええと、どこ目指してるんでしたっけ?
さっきの丘の反対側のあれだよって言うのは聞いたんですけれど・・・。
だいぶずーっと上っていますが・・・。
b0031524_7224081.jpg
あぁ、Nebulaさんの背中がだんだん遠くなる・・・・。

つらい・つらいよ・・・。

「くそー。こんな時、機械の体だったら!」
「メーテル!!俺、来週は機械の体をタダでもらいに、イスカンダルへ行くよ!!!」
(イスカンダルへ行くのは、ヤマトです)
b0031524_7225328.jpg
脳内麻薬が出ているようです・・・。
いやー、しかし結構上りましたねー。
朝イチの坂なんて、へなちょこなこと、この上なし・・・ですねえ。
あーっはっはっはー、・・・ハァ。笑うと疲れる・・・・・・。

だけど、このへん、どこの民家を見ても自転車がないんです。
奥にはあるのかもしれないけど、路上や軒先に自転車が全くない。
この坂だから、日常の足としては実用性は低いとは思いますが、風景として違和感を感じますよ。
(本当に乗らないんだろうなー)


そして、明けることのない夜がないように、終わらない坂もない訳で・・・
b0031524_723916.jpg

「オーチャードビレッジ フフ」 到着ー!
名前の意味ぜんぜんわからんけど~、どーでも良い~。

b0031524_7232024.jpg食う。何でも良いから食う。そんで飲む。
人が少なくって閉店していた店を、半分ご好意で開けていただいて、注文したのがこれ。
確か「シェフの気まぐれおまかせジャンボピザ」みたいな名前だったと思いますが、20分は待たされたと思う。

で、食うわけでさぁ。がっついて・・・。

「ふぅま~い」

まいった。こんな山奥の誰も客がいない研修所みたいな施設のレストランで、実にお見事!!
ビールは「甲斐ビール」でしたっけ?何か地ビール。もう何でも美味い。
このピザは本当にオススメ。¥2,100の価値アリ。
(ん・・・けど、おまかせらしいから、日によって違うのか・・・?)
b0031524_7233295.jpg
人間、腹が満ちれば余裕もできる訳で、柱にこんな文言を発見。

人生は自転車に乗るよなものだ
ペダルを踏み続ける限り転ぶ事はない
 

・・・・・・・・・・。

これ、絶対に自転車に乗り込んだ人の言葉じゃないよな・・・。
色々ツッコミ所満載なんだけど、ボクァ大人なんで「な~るほどね~」と言いました(ウソ)。


やっと景色を・・・ゆっくりと。
b0031524_723446.jpg

富士山はやっぱ貫禄あるよなぁ・・・。
初めて見たのは上京して、都内のどっかのビルの中からだったなぁ。
まず、東京から見えることにビックリ。
その後、河口湖に行った時に見て、あまりのでかさに引いた・・・(笑)。
b0031524_724122.jpg

あんな向こうから上って来たんだなあ。そりゃ2時間もかかるわな。
しかし、タバコやめてて良かった。
これタバコ吸いながらだったら、だいぶペース落ちてると思うし、3回は吐いてる。間違いないっ。
b0031524_7241132.jpg

さあ、暗くなる前に下りますよー。
2時間かかって蓄えた位置エネルギーを開放するのだぁぁ!!

「うひょー。下り最高ー!!」

「最高ー!!」

「最ー!!」


・・・・15分後。

下り終了。

吐かない 儚い・・・。まるで夏の日の陽炎のよう・・・。で、オマケに寒い。
b0031524_7242379.jpg
だが、お楽しみはまだ続くのでした。
温泉ですわ、温泉!
町営¥500。
露天もあってサウナもあって比較的キレイで、申し分なし。
良い税金の使い方だと思う。思いたい。
(ちなみに町民は、入浴料がちと安い)


b0031524_7243876.jpgで、また飲む。
温泉入ってビール飲めないんだったら、ハナっから温泉なんか入らんわいっ!
これは「ちょい飲みセット」とか何とかいうビール付きセット。¥1,000。
まあ、味は、可もなく不可もなくって感じ。けど満足。それは厨房にいたおばあちゃんの笑顔であり、運んできてくれたおばちゃんの気取らない感じの良さの賜物。これも旅の醍醐味。


b0031524_7245933.jpg
余談。
ちょっとコレ、見てくださいよ。
「スペシャルほうとうセット」みたいなお膳に付いている一人用の鍋なんですが、格好良くないですか?
マジで欲しくなって来てたんですが、重さに勝てず敗退。
(売ってるかどうかは不明・・・)


b0031524_725199.jpgさて、温泉も入ったし、そろそろ電車に乗りましょうか。

「よーし、輪行記念にホームで格好良い写真撮るぞー」って、ベンチにカメラを固定して、モードをスポーツモードにして、大ハリキリで撮った写真がこれ。

・・・もうがっかり。

ムズカシイのね・・・写真は。


しかし、輪行は良い。
帰りの渋滞も気にすることなく、時間ぎりぎりまで飲んで・・・

b0031524_7253420.jpgまた飲む。
これは、このちっちゃなテーブルは何の為にこの世に存在するのか、という普遍の問いなのであります。

弁当を置くこともかなわず、物を書くなどもってのほか。ノートパソコンも置けず、かと言って座ることもできない。
では、何の為にここに存在するのか?その探求の旅路の一瞬こそがこの写真なのであります。
旅は人を饒舌にする(意味わかりません)。


で、その車中でNebulaさんが、「腹減りました?」と。
「結構減りました」と私。

「じゃ、もう1軒行きますか?」
「おぉ?」

・・・という訳で、ここは中央線沿線のとある駅。
その駅前のNebulaさん御用達の割烹へと吸い込まれる二人。

今回の旅には、まだ特筆すべきことがありました。

天ぷら食って、豚しゃぶ食って、おぢやにして・・・。
味は申し分なし。酒も美味い。
そうか、今日は焼酎は飲んでいなかったんだなー。と、Nebulaさんのボトルをご馳走になる・・・。

至福の時でした。東京に帰って来ている安心感と家庭的なお店のご主人と奥様。
こういう行きつけがあるということが、どれだけ人生を豊かにするか。
締めの店としては、これ以上ない良店でした。

どこかは書かないでおきましょう。
Nebulaさんに誘われた人だけ、行く機会があることでしょう・・・。

さて、5:00起きの長かった一日もついに終わりです。
駅まで送ってもらって、お礼を言って別れます。本当に楽しい一日でした・・・。
その一日。全てはこの一言によって始まったのでした・・・。

明日は晴れ・・・山梨に行こうと呟いて見る(^^;

Nebulaさん、ありがとうございました。また行きましょう!!!

【塩山駅前で買った「樋口一葉」せんべい。新札が出ること、皆さん覚えてますか?】
b0031524_725476.jpg

[PR]
by xida | 2004-10-19 07:26 | 自転車

「釣ーリング」の復路

ああ、そうだった。
先週は釣りに行って、友人宅に泊まって自転車で帰ったんだった・・・。

b0031524_2337921.jpgマーゴンのせいで、荒川サイクリングロードはどうなってしまったのか?
水をかきわけ、泥を割き、まるでオフロードの如く疾走するのかっ。


b0031524_2340424.jpg
「あ、問題ありましぇーん」以上。


いや、もう良いですよ。
荒川河川敷が無事だったことが確認できましたから、ボクァ「リンガーハット」でランチして帰って家事に勤しみますヨ。
・・・って思っていたんだけど、スゴイ混みよう。
もう、並んでメシ食う気なんてサラサラないんで、どこにするか探索走行。

b0031524_23441086.jpg
・・・あぁ、やっとあった。
ここにも久しぶりに行きたかったのです。
「鉄鍋なんちゃら~」みたいなメニューがあるんだそうで、これは食わんと。

ギィ・・・

「おきゃくさま、お一人様からご来店でーす!」
「いーらっしゃいませー!」
「ご注文からよろしかったでしょうか?」
「ええと、この鍋の定食ひとつで・・・」
「えー、こちら定食おひとつからでよろしいですかー?」
「ハイ」

「失礼します!鉄鍋定食から、お待たせいたしましたー!」

「お会計して」
「はい、390円から頂戴いたしまーす!」
「ゴメンネ、一万札で」
「イーチ万円から入りまーす!」
「お釣り、1千・2千・・・・・9610円からになりまーす!」
「あーりがとうございました!またのご来店心からお待ちしておりまーす!」

さーて、明治通りから白山通りに抜けて、目白は駅前から山手通りに抜けて、家に帰ってから夕飯で、夕飯は「から揚げ」から用意して、ノドもカラカラだからビールからコンビニで調達して、恋のから騒ぎ観よーっと。ふぅ・・・。

上の例はちと脚色入っていますが、スゴイですねー。
私も正しい言葉なんか使えていないんですが、この「から」の乱発にはビックリしました。
ちなみに店員自体は、多分高校生のバイトだと思うんですけど、すご~く一生懸命で感じが良いんですよ。ホント、僕の高校生の頃みたい(ふふ、高校時代の友人はこのブログ知らないんだよね、うわぁ~っはっは)。
本とか読んでないんだろうなー。インターネットで文章は沢山読んでるんだろうけど、独特な言い回しも多いしね。日常生活で使う言葉とは全く違うものねぇ。
私ゃあ思いますよ、あのワザとの誤変換をそのままテストに書く人が多発するって。


b0031524_034611.jpgさて、そんな感じでエラそうに妄想していたら、目白駅手前の明治通り通過。今日は明るいうちに帰りつけました。
しかーしっ!この次の週に、もっと楽しく膝ガ~クガクな自転車旅行が待っていようとは、この時は知る由もなかったのデス。

走行距離:68.76km
平均速度:15.61km/h
(2日間合計)
[PR]
by xida | 2004-10-18 00:40 | 自転車