天高く、ダイエットにならない山梨ツーリング

Nebulaさんのレポートを見られていない方は、見てからの方が良いと思います。
Nebulaさんのしっかりとした山梨旅行記

いやあ、今回は長いっすよ。
しかもNebulaさんのレポートをパクってる所もあったり・・・。
お時間のある時にどーぞ。
----------------------------------------------------------------------


そう、金曜の夜。
私は新宿の韓国料理屋で一杯やりながら、チヂミや何か辛い炒め物を食っていたのでした・・・。
そして・・・その後、Nebulaさんのブログを読んだのです。
そう、全てはここから始まったのです・・・。
********************************************
コメント
明日は晴れ・・・山梨に行こうと呟いて見る(^^;
投稿者: Nebula (October 15, 2004 06:46 PM)

いやいや、ホントやっと晴れですね。
天高く~、と行きたい所ですねぇ・・・。
投稿者: xida (October 15, 2004 10:31 PM)

では、明日あたり山梨にでもどうどすか?
中央本線でのんびり行こうかな・・・と。
車だと大渋滞必至なので(^^;
投稿者: Nebula (October 15, 2004 10:33 PM)

おっ。良いかも・・・。
何時頃出ます?
投稿者: xida (October 15, 2004 10:41 PM)

今調べると、午前9時ごろに勝沼ぶどう郷に到着っつーのが
いいのかなあ・・・と思ったりしているのですが・・・
以下メールにて(^^;
投稿者: Nebula (October 15, 2004 10:45 PM)

そうですよね・・・。
コメントでやる会話じゃないな・・・。
ではでは、メールで。
投稿者: xida (October 15, 2004 10:49 PM)

********************************************


b0031524_04034.jpgと、話していた6時間後、中野駅に向けてMC-1で出発なのです!
いざ、勝沼っ!!
飲む気 やる気満々。


b0031524_064763.jpg「チャラ~ラ~ラ~ララ~」
「今日は豊田から勝沼ぶどう郷を目指します」って、もう石丸謙二郎っ!!
(※世界の車窓からのコト言ってます)

中央線ですねー。
山の中にこのようなものが・・・。
う~ん、福島にいた頃、「酒は大七」っていう看板がこれまた山肌に沢山あって、その真横で大きさ比較の写真を撮るっていうのが夢だったんだけど、叶ってないなぁ・・・。
しかし、一体どんな意味が・・・。


b0031524_0144625.jpg旅ムードだよなぁ・・・。
中野からわずか1時間で、これ。
東京という都市を狭いと見るか、広いと見るか・・・。
自転車なら、ここまでで一日仕事だな。
まあ、それはそれで素晴らしいことなんだけれど、現実はキビシイ。
だから輪行。遊びで乗る電車は結構好きなんですけどねー。

b0031524_0184281.jpg
「勝沼ぶどう郷駅」 到着~!!
Nebulaさんは既に到着していました。
「いやあ、おはようございます」と、挨拶もそこそこに自転車を組みたてて・・・。
Nebulaさん曰く、「ええと、まずこの向こう側の丘まで行って、ワインのテイスティングやります」とのこと。
「フゥ」・・・来たよ。あの坂の向こうにあるという桃源郷を目指してMC-1を駆るのかっ。
己の足で辿り着き、勝利の美酒に酔いしれるのだ。うへへぇぇぇ・・・。
───いかん。変なモノが脳内で分泌されてきた・・・。

b0031524_7204198.jpg
その向こう側の丘にて。

色々なことがありました・・・。

ええ、今は良い思い出ですよ。ちょっと坂下って、上っただけですから。
吐き気?ええ勿論。当たり前じゃないですか。坂っていうのはそういうものですよ。

「感動した!MC-1であの坂よく上った!」・・・とは誰も言ってくれない程度の坂だったんですが、気張りすぎでしたね、完全に。
もっとゆっくり上りゃあ良かったんです。「若気の至り」ってヤツですよ(年齢オーバーとか言わないように)。

上りきればこの景色。現在9:20。
テイスティングのコーナーは10:00開場とのことなんで、あっという間にヘタレてしまった足を休めつつ、しばし歓談・・・。

b0031524_721012.jpg
Nebulaさん曰く、「この景色の左側に石和(いさわ)って町があるでしょう。変わった名前でしょ?何でかって言うとねぇ・・・・<説明中>・・・・と、言われているんだよ。」
「素敵っっっ!!」

・・・・・と、野郎二人で語り合っていると、もう10:00。
いざ行かん。桃源郷へ~(いや、ここ「ぶどう郷」ですから・・・)。


b0031524_7213493.jpgすげい。すげいよ、ここ。
桃源郷だ・・・。
(いや、だから「ぶどう郷」)

b0031524_7214755.jpg¥1,100払うと、左っ側にあるみたいな「タートヴァン」というテイスティング用の器をくれます。
これを首からぶら下げてそれぞれのワインを注いで、ボコボコの底に光を反射させて色合いとかを見ながらテイスティングするという・・・。
もう気分は上々、血中アルコール濃度も上昇。
ちなみにこのワインは、今回100本近くテイスティングした中で私の選んだ「買い」の一本。
(重いんで結局買わなかったけど・・・悲)


そいで、ふらふら~っと表へ歩いて行くと・・・(さすがに自転車には乗りません)。
駐車場のとなりの道路沿いに、「ほうとう・味噌汁・土産」みたいなノボリが。
「どれどれ~」ともう二次会ムード・・・。
売店のおっちゃんも心得たもんで、「お、兄ちゃんたち。もう一杯やってきたのかい?」なんて呼びこみで、山菜やらキノコやら試食をどんどん出しながら、「酒のツマミに良いだろう~?」なんて土産物のプレゼンに入ります。
それがまた、どれもこれも美味い。
まあ、ひとまず酔い覚ましもかねて、「キノコ汁」でも飲みましょうやということに。


b0031524_722074.jpg
うめぇ・・・。
シャレにならん。
激ウマイ!!!
田舎に帰省したみたい・・・。
ネギなんか絶対朝摘みだよ・・・シアワセ。

「こ、こらぁ当たりですぜ、Nebulaさんっ!」
「ほうとうも食いやすか?」・・・・・・・・満場一致で可決(二名)。

b0031524_7221258.jpg初めて「ほうとう」というものを食べました。
うどんと何が違うのか説明できません・・・。

しかーしっ!こ、これも「うまひー!!」
もう、うどんだとかほうとうだとか、そんな区別はどうでも良いんです。
良がった、来で良がった・・・・・。

青木ヶ原樹海へ自殺に行く諸兄!まずここへ行って、味噌汁を飲め。ワインも飲め。ほうとうも食え。そして地元の人と触れ合え。それから樹海に入っても遅くないっ。


さーて、さんざん休んだし、そろそろ次行きますかーっ。
時間は12:00。ちょっと早い昼食でしたかね。

b0031524_7222697.jpgしかしまあ、勝沼ってのは本当にブドウだらけな訳で。
民家の多くの玄関先がブドウ棚(?)になっていて、そこかしこにブドウがあります。
ほとんど収穫された後でしたけれども、残っているものもちらほら・・・。
色も、濃い青・赤紫・緑とまあ・・・
ほら、こんなに大きな粒のものまで。
すごいなぁ。それぞれ別々に生ってるぞ。
ほら、見てごらんよ・・・。

・・・・って、どう見てもキウイやん!!!
こんな風に生るんですね。知らんかったです。

<寸劇おわり>


ええと、どこ目指してるんでしたっけ?
さっきの丘の反対側のあれだよって言うのは聞いたんですけれど・・・。
だいぶずーっと上っていますが・・・。
b0031524_7224081.jpg
あぁ、Nebulaさんの背中がだんだん遠くなる・・・・。

つらい・つらいよ・・・。

「くそー。こんな時、機械の体だったら!」
「メーテル!!俺、来週は機械の体をタダでもらいに、イスカンダルへ行くよ!!!」
(イスカンダルへ行くのは、ヤマトです)
b0031524_7225328.jpg
脳内麻薬が出ているようです・・・。
いやー、しかし結構上りましたねー。
朝イチの坂なんて、へなちょこなこと、この上なし・・・ですねえ。
あーっはっはっはー、・・・ハァ。笑うと疲れる・・・・・・。

だけど、このへん、どこの民家を見ても自転車がないんです。
奥にはあるのかもしれないけど、路上や軒先に自転車が全くない。
この坂だから、日常の足としては実用性は低いとは思いますが、風景として違和感を感じますよ。
(本当に乗らないんだろうなー)


そして、明けることのない夜がないように、終わらない坂もない訳で・・・
b0031524_723916.jpg

「オーチャードビレッジ フフ」 到着ー!
名前の意味ぜんぜんわからんけど~、どーでも良い~。

b0031524_7232024.jpg食う。何でも良いから食う。そんで飲む。
人が少なくって閉店していた店を、半分ご好意で開けていただいて、注文したのがこれ。
確か「シェフの気まぐれおまかせジャンボピザ」みたいな名前だったと思いますが、20分は待たされたと思う。

で、食うわけでさぁ。がっついて・・・。

「ふぅま~い」

まいった。こんな山奥の誰も客がいない研修所みたいな施設のレストランで、実にお見事!!
ビールは「甲斐ビール」でしたっけ?何か地ビール。もう何でも美味い。
このピザは本当にオススメ。¥2,100の価値アリ。
(ん・・・けど、おまかせらしいから、日によって違うのか・・・?)
b0031524_7233295.jpg
人間、腹が満ちれば余裕もできる訳で、柱にこんな文言を発見。

人生は自転車に乗るよなものだ
ペダルを踏み続ける限り転ぶ事はない
 

・・・・・・・・・・。

これ、絶対に自転車に乗り込んだ人の言葉じゃないよな・・・。
色々ツッコミ所満載なんだけど、ボクァ大人なんで「な~るほどね~」と言いました(ウソ)。


やっと景色を・・・ゆっくりと。
b0031524_723446.jpg

富士山はやっぱ貫禄あるよなぁ・・・。
初めて見たのは上京して、都内のどっかのビルの中からだったなぁ。
まず、東京から見えることにビックリ。
その後、河口湖に行った時に見て、あまりのでかさに引いた・・・(笑)。
b0031524_724122.jpg

あんな向こうから上って来たんだなあ。そりゃ2時間もかかるわな。
しかし、タバコやめてて良かった。
これタバコ吸いながらだったら、だいぶペース落ちてると思うし、3回は吐いてる。間違いないっ。
b0031524_7241132.jpg

さあ、暗くなる前に下りますよー。
2時間かかって蓄えた位置エネルギーを開放するのだぁぁ!!

「うひょー。下り最高ー!!」

「最高ー!!」

「最ー!!」


・・・・15分後。

下り終了。

吐かない 儚い・・・。まるで夏の日の陽炎のよう・・・。で、オマケに寒い。
b0031524_7242379.jpg
だが、お楽しみはまだ続くのでした。
温泉ですわ、温泉!
町営¥500。
露天もあってサウナもあって比較的キレイで、申し分なし。
良い税金の使い方だと思う。思いたい。
(ちなみに町民は、入浴料がちと安い)


b0031524_7243876.jpgで、また飲む。
温泉入ってビール飲めないんだったら、ハナっから温泉なんか入らんわいっ!
これは「ちょい飲みセット」とか何とかいうビール付きセット。¥1,000。
まあ、味は、可もなく不可もなくって感じ。けど満足。それは厨房にいたおばあちゃんの笑顔であり、運んできてくれたおばちゃんの気取らない感じの良さの賜物。これも旅の醍醐味。


b0031524_7245933.jpg
余談。
ちょっとコレ、見てくださいよ。
「スペシャルほうとうセット」みたいなお膳に付いている一人用の鍋なんですが、格好良くないですか?
マジで欲しくなって来てたんですが、重さに勝てず敗退。
(売ってるかどうかは不明・・・)


b0031524_725199.jpgさて、温泉も入ったし、そろそろ電車に乗りましょうか。

「よーし、輪行記念にホームで格好良い写真撮るぞー」って、ベンチにカメラを固定して、モードをスポーツモードにして、大ハリキリで撮った写真がこれ。

・・・もうがっかり。

ムズカシイのね・・・写真は。


しかし、輪行は良い。
帰りの渋滞も気にすることなく、時間ぎりぎりまで飲んで・・・

b0031524_7253420.jpgまた飲む。
これは、このちっちゃなテーブルは何の為にこの世に存在するのか、という普遍の問いなのであります。

弁当を置くこともかなわず、物を書くなどもってのほか。ノートパソコンも置けず、かと言って座ることもできない。
では、何の為にここに存在するのか?その探求の旅路の一瞬こそがこの写真なのであります。
旅は人を饒舌にする(意味わかりません)。


で、その車中でNebulaさんが、「腹減りました?」と。
「結構減りました」と私。

「じゃ、もう1軒行きますか?」
「おぉ?」

・・・という訳で、ここは中央線沿線のとある駅。
その駅前のNebulaさん御用達の割烹へと吸い込まれる二人。

今回の旅には、まだ特筆すべきことがありました。

天ぷら食って、豚しゃぶ食って、おぢやにして・・・。
味は申し分なし。酒も美味い。
そうか、今日は焼酎は飲んでいなかったんだなー。と、Nebulaさんのボトルをご馳走になる・・・。

至福の時でした。東京に帰って来ている安心感と家庭的なお店のご主人と奥様。
こういう行きつけがあるということが、どれだけ人生を豊かにするか。
締めの店としては、これ以上ない良店でした。

どこかは書かないでおきましょう。
Nebulaさんに誘われた人だけ、行く機会があることでしょう・・・。

さて、5:00起きの長かった一日もついに終わりです。
駅まで送ってもらって、お礼を言って別れます。本当に楽しい一日でした・・・。
その一日。全てはこの一言によって始まったのでした・・・。

明日は晴れ・・・山梨に行こうと呟いて見る(^^;

Nebulaさん、ありがとうございました。また行きましょう!!!

【塩山駅前で買った「樋口一葉」せんべい。新札が出ること、皆さん覚えてますか?】
b0031524_725476.jpg

[PR]
by xida | 2004-10-19 07:26 | 自転車


<< ト・トカゲめぇ・・・っ。 「釣ーリング」の復路 >>