新宿に釣堀があるんですぜ(語弊アリ)・・・。

自転車展の翌日、朝方まで飲んでヘロリ気味に仕事をした日曜日。
昨日の上京していた元同僚と、「夕飯食おうぜ」ということに。
今度は新宿。「釣○茶屋ざ○お」です。
b0031524_21412766.jpg

釣った魚を調理してもらえる「釣堀居酒屋」です。一回行ってみたかったのデス。

b0031524_21425316.jpgお店にはイケスというか堀がグル~っとあって、魚がジャンジャン泳いでます。
アジ・タイ・シワシ・イセエビ・・・・・・・カワハギもいたかなぁ・・・。

「うぉぉ。釣るぞぉ!」
「そこのガキ、ジャマっだぁぁ!!!」

・・・いけません。
大人ですから、本気になってはいけません。

あ、竿はエサ(おきあみ)とセットで¥200で貸してもらいます。
持ちこみは・・・多分ダメでしょう。
(イソメ使えばもっと釣れるような・・・ブツブツ・・・)


b0031524_0135038.jpgそして、連れ(この間一緒に若洲堤防行って、釣れなくてがっくしきてた人)が、「シロアジ」ゲット!
刺身にしてもらいました。
味は・・・・まずまずかな。
冷えていないのが、今釣ったばかりという感じではあります。
(個人的には、氷水あたりで絞めてもらった方が・・・良いかな?)


そんで、私もちょっと本気出しましたよ。
アナゴらしきヤツ釣りましたよ。
すみっこの方、狙って。
んで、店員呼んだら・・・、

「あの、これは、その・・・当店のマスコットのようなもんでして・・・」

「ハァ???」

「要は、食べれんってこと?」

「ハイ」

何か・・・、やたら高い料金取られるのも困るんで、「へいへい、そうですかい」と引きましたけど、釣っちゃダメな魚、放しとくってのはどうなのよ?
それとも、「釣れる訳ゃ~ね~よな~」と、放しておいたヤツを、この天才太公望が釣り上げてしまったということなのかなぁ?「あーっはっは、ごめんごめん悪いのは俺の才能だわ。」(誰も相手せず)

b0031524_014459.jpg結局、また若洲ではイマイチな彼が釣って、「シマアジ塩焼き」。
美味かったですよ。

ただ、出てくるまでやたら時間がかかるのはナゼなの・・・?
日曜夜だし、そんなに混んでなかったし。
少人数シフトにしてたのかなぁ。


ちなみにこれら2品の釣上げ品、@¥3,600(調理費込)です。
つまり2匹で、¥7,200。
(※今回3人で飲んだ総支払い額の1/3を占めました。ふげー。)

その他は普通のチェーン居酒屋の価格帯です。
調子こいて釣ると、大変なのは観光釣堀のテイストですか。
(まあ、これだけの設備ですから、仕方がないとは思いますが・・・)

ま、基本的には面白い店でしたよ。
新宿店は、ワ○ン○ンホテルの1Fです。話のネタには良いですね。


<余談>
b0031524_0143247.jpg元同僚がとなりで、ずーっと「スパスパ」タバコ吸ってんの。
んで、副流煙吸って「あぁ・・・良い香り」とか言ってるワタクシ・・・。
禁煙2ヶ月目。
まだ魔物が潜んでいるのかも・・・・。
[PR]
by xida | 2004-11-23 21:52 | 釣り


<< 花園神社は三の酉前夜祭。 2004東京国際自転車展。それ... >>